2019年6月16日高山市民文化会館(学会長 野尻博文)

演題登録

第23回岐阜県作業療法学会における一般演題の登録を下記の要領により募集いたします。発表形式は口述となります。多くの皆さまのご応募をお持ちしております。

【応募資格】
① 演題発表筆頭者および共同演者は、日本作業療法士協会の正会員および賛助会員、岐阜県士会会員であることが条件です。ただし、他職種の場合は、共同演者になることができます。(他職種の場合はWEB演題登録フォームの会員番号欄に職種名を入力してください。)
② 演題募集締め切り時点で、2018年度の協会会費未納の場合、応募できません。
③ 演題登録後、年度が変わった2019年度も協会員であることが条件です。
④ 作業療法士以外の職種の方でも、学会長の承認をうけて演題を応募することができます。

【演題・抄録募集期間】
演題名募集期間: 平成 30 年9月10 日(月)~12 月21日(金)
抄録登録締め切り: 平成 30年12月21日(金)

【演題募集内容】
①演題登録は一人一演題に限ります。
②発表は口述発表となります。発表時間は7 分、質疑応答は3 分を予定しております。

【抄録作成方法】
WEB演題登録後、「抄録原稿作成要項」と「抄録用原稿様式」(いずれもワードファイル)の入手方法が記載されたメールが送信されます。必ず内容を確認のうえ、要項に従い、送付された抄録用原稿様式を用いて抄録を作成してください。

【演題に関する倫理的配慮】
①研究の計画、実行、抄録作成などの過程において、個人の尊厳、人権の尊重などの倫理的配慮を十分に行ってください。
②研究倫理委員会にて承認を受けている場合は、承認番号を記載してください。承認を受けていない場合は、対象者へのインフォームドコンセントの方法等について示してください。
③先行研究など他の著作物からの引用を行うときには、本文中に出典の著者と発行年数(著者名、西暦)を明記し、著作権を侵害しないように注意ください。また原則として検査器具などは一般名称を用い、商品名の場合は「®」を記載してください。(〇〇®など)
④抄録や発表内容によって研究対象者が特定されないなど、個人情報保護にご配慮ください。
⑤口述発表では、利益相反の開示方法例を参照し、利益相反の有無および状態についてかならず申告してください。
※利益相反開示の見本
演題発表に関連し、開示すべきCO I 関係にある 企業等 はありません。
演題発表に関連し、開示すべきCO I 関係にある企業等として、
・顧問: なし
・株保有・利益: なし
・特許使用料: なし
・講演料: なし
・原稿料: なし
・受託研究・共同研究費: ○○製薬
・奨学寄付金: ○○製薬
・寄附講座所属: あり(○○製薬)
・贈答品などの報酬: なし
⑥学会長から、演題発表内容によっては倫理的配慮に関わる文書の提出を求める場合があります。その場合はご協力ください。

【多重投稿の禁止】
①他学会や雑誌等で発表済み、ならびに投稿中の演題の多重投稿は原則としてできません。但し過去の発表に使われているデータベースが以前に発表された演題より増えているもの、または同じデータを利用していても全く別の仮説を証明あるいは否定するために、全く別の観点から分析した演題についてはこの限りではありません。
②多重投稿が明らかになった場合、演題は取り下げられ、筆頭演者、共同演者含め、次年度以降の演題応募登録が許可されない場合がありますのでご注意ください。

【応募方法】
WEB演題登録フォームはこちらから
※「gatkai@gifu-ot.com」からのメールが受け取れ、かつ、パソコンで送受信できるメールアドレスをご準備のうえ、ご利用ください。
※WEB演題登録後、「抄録原稿作成要項」と「抄録用原稿様式」(いずれもワードファイル)の入手方法が記載されたメールが上記メールアドレスへ自動送信されます。また、以下の演題・抄録採否通知も同メールアドレスへ自動送信されます。
※他職種の方が共同演者の場合は、フォームの会員番号欄に職種名を入力してください。
【演題・抄録採否通知】
演題の採否についてはメールをもってお知らせいたします。演題の採否や発表日時については学会長にご一任ください。なお、その際の送信先メールアドレスも上記メールアドレスとなります。

【お問い合わせ】
メールフォームをご利用ください。
※「gatkai@gifu-ot.com」からのメールが受け取れるメールアドレスをご準備のうえ、ご利用ください。

↑ PAGE TOP